作成者別アーカイブ: sp-kanri

毛の再生

毛の再生は、脱毛をしたい方にとっては、とんでもないことです。
普段家でカミソリや毛抜きなどを使ってムダ毛処理をしている方は、除毛であり脱毛ではありません。
よって、毛は再生します。
見ている部分の体毛のことを毛幹と言いますが、カミソリなどではこの部分しか剃ることができません。
しかし、毛は、皮膚の下にも存在します。
抜くと痛いのは、毛幹だけではなく、毛根部分から抜いているからです。
しかし、毛母細胞を自分でとることはできずに、時が経てば、残った毛母細胞で又、毛は再生します。
しかし、クリニックやエステなどで、レーザーや電気針で脱毛をした場合、単に毛幹をとるだけではなく、毛母細胞そのものを破壊してしまいます。
ですから、二度と毛の再生が行われないことになります。
よって、脱毛、永久脱毛になるわけです。
こうしたことを考えると、脱毛を本気でしたいということになると、家庭での除毛では全く効果がなく、その時だけの毛の処理ということが言えます。
最も、定期的な除毛で十分という方は、カミソリなり毛抜き、家庭用脱毛器を使うことで、キレイにすることができます。
しかし、毛母細胞をまともに破壊をするクリニックなどの施術では、毛の再生はゼロになりますから、毛の手入れが全く必要ないことが、多分一生、という部分なんとも魅力です。
女性のワキも男性のひげもすべて毛の再生をできなく生できるのは、脱毛にしかできない施術ということになります。

体毛の組織と構造について

af0100000051人間の体には、あちこちに体毛があります。
産毛などを含めると、500万本もあると言われています。
しかし、実際に目で確認できるのは150万本程度です。
そのうち、脱毛したい部分も多いのは確かです。
体毛は、見えている部分と見えない部分がありますが、見えている部分は毛幹と見えない部分毛根と言います。
そして、実は見えていない部分にこそ、体毛の真髄があるわけで、名称もいろいろとつけられています。
体毛が外にでている毛穴の部分は毛孔、毛根全体を毛包です。
そして、体毛そのものが生えている部分全体を毛球部と言い、体毛の元になる毛母細胞、毛母細胞に栄養を送る毛乳頭、そして毛細血管があります。
たまたま髪の毛など抜けた時に、毛の根元に白いものがついていることありますが、これが毛球部になります。
クリニックやエステで脱毛をする際には、毛母細胞を破壊しますから、要するに体毛の元になる部分を採ってしまうことになり、脱毛が成功すると言われています。
そもそも体毛の元はタンパク質からできていて、毛母細胞で毛細血管から送られてくる栄養を元に体毛ができる仕組みになっています。
ですから、体毛を育てるには、タンパク質や血液を必要とされています。
抜けた体毛に関しては、自然であれば役目を果たしたことになります。
人間の体毛は、欲しい部分には、いつまでも生えていて欲しいのですが、余計な部分にたくさんの体毛は欲しくないというのが感情ですがねそううまくはいかないものです。
余計な部分は脱毛を、欲しいところには育毛を、というのが、現実です。

いくつかのエステサロンで脱毛をして

私は数年前に脱毛を始めました。
きっかけは自分で毛の処理をするのが面倒となったことと、自分で毛の処理を行っているとカミソリで肌が荒れてしまったり、毛が濃くなっているような気がしたりと心配ごとが増えていったことです。
脱毛がどのように行われているのかの知識もなかったので、脱毛を始めるのには勇気がいりました。
実際にクーポンを利用してエステサロンで脱毛体験をしてみました。
体験の時にはどのように脱毛をするのかや、脱毛にかかる期間などの説明を受けたので、脱毛についてしっかり理解することができました。
対応もすごくよかったので、私はそのエステサロンでわきと腕の脱毛をすることに決めました。
一年ぐらい脱毛に通っているとどんどん自分の毛がなくなっていくのを感じることができ、ほかの部位も脱毛したいと感じるようになりました。
まわりの友達もほかのエステサロンを利用したりして脱毛を始めるようになり、友達同士で脱毛にかんする意見交換をする機会も増えました。
そうすると自分が通っているエステサロンよりももっと魅力的なエステサロンもあるのではないかと感じるようになり、私はクーポンを利用していくつかほかのエステサロンを体験しました。
クーポンを利用すると安い価格で脱毛を体験することができます。
いくつかのエステサロンを体験してみて、気に入るエステサロンもあれば、気に入らないエステサロンもありました。
実際に口コミだけではわからないことも体験することによってわかることがあります。
快適に脱毛するなら、いくつかのサロンを体験してみて自分の気に入ったエステサロンで脱毛を行うのがよいと感じました。

自分でもできるワックス脱毛

若い女性にとって、毛は美を損なうものという感覚があり、脱毛に対する意識が非常に強くなっています。脱毛の処理をしてもらえるところにはエステやクリニックなどがありますが、「費用が掛かるし、通うのが面倒」という人は自分で処理しています。自分で処理するにはカミソリや毛抜き、テープなどを使う方法がありますが、最近増えてきている方法がワックスを塗って脱毛するタイプです。脱毛ワックスはドラッグストアやネットショップから手軽に購入できます。

脱毛ワックスはミツロウやパラフィンなど、融点の低い固形油でできており、温めると柔らかくなって、温度が下がると粘着性が強くなる性質があります。 脱毛ワックスの使い方は、温めて柔らかくしたワックスを皮膚に塗り、冷めて固まった状態になったら一気にはがします。すると、ワックスの表面に毛根から抜き取られた毛が付いてきます。このワックス脱毛はエステでも行われています。

ワックス脱毛は一度に広範囲の毛を抜き去ることができますし、毛の処理と同時に古い角質まで一緒に取れるので、肌がきれいになります。ただし、ワックスを剥がす時に痛みが伴うということと、肌の弱い人は炎症を起こすという欠点があります。また、埋没毛と言って、毛が皮膚の上に出てこないまま、皮膚の下で成長してしまう症状を引き起こす危険性もあります。

なお、ワックス脱毛は表面に生えている毛を抜くだけなので、永久脱毛にならないため、しばらくすると、同じところからまた毛が生えてきます。

自分で脱毛したいけど・・・。

夏が近づいて、薄着を切る機会が増える季節になってきました。
そうなると、気になってくるのがムダ毛。半袖を着ていて、ふと見た自分の腕のムダ毛の濃さにビックリしてしまった、なんて経験をお持ちの方も多いかと思います。
女性なら誰しも、必ず一度は「脱毛しようかなぁ・・・。」と思ったことがあるはず。お肌を傷つけない為にも、正しい脱毛の基礎知識を覚えておきたいものです。
自分でムダ毛の処理をする場合、いろいろなデメリットがあるのを御存知でしょうか?
まず手軽にできるカミソリを使って剃る方法。刃の部分が皮膚表面に目に見えない細かい傷をつけてします。また、確執も一緒に削いでしまうので、肌が乾燥しやすくなり、肌荒れを起こしてしまう場合も。
毛抜きでムダ毛を抜くと、カミソリで剃った時よりも次に毛が生えにくくなるという利点もあります。しかし、雑菌が入りやすく、化膿してしまうなどの炎症を起こすことがあります。また、色素沈着による黒ずみも目立つようになってしまいます。
脱色クリームやワックス・テープは肌への負担が大きく、肌荒れを起こしたり、肌が乾燥したことによって角質が徐々に厚くなり、肌が硬くなってしまうことがあるそうです。
大手家電メーカーからもいろいろな機種が販売されている電気脱毛器具を使用して脱毛すると、毛抜きで抜く時と同じようなデメリットに加え、一度に同じ方向に毛を抜くため、毛根が曲がってしまい、バラバラの方向へ毛が生えてきたり、皮膚の下に毛が生えてしまう原因にもなります。
やはり脱毛は脱毛サロンに行って、きちんとプロの手に委ねるのがいいですね。

脱毛しようと思ったきっかけは・・

私が、脱毛しようと思ったきっかけは、やはり夏になり半そでやタンクトップを着た時に、芸能人の方みたいに思いっきり腕を上げてもワキ毛が全くない姿にあこがれたからです。
自分で剃っていた時は、どうしても夜、お風呂に入った時に剃るので、朝の時点でチョピチョピと見えてしまっていました。かといって、朝からきれいに剃る時間はありませんでした。ですから、「これから後何十年も夏の間は、毎日こんな思いをするなら一層の事、お金はかかっても脱毛した方がきれいだし、躊躇なくうでをあげられる。」と思ったのがきっかけです。
そこで、噂では「夏はやめて、冬場の間にやってもらった方が良いよ。なぜなら、少し生えた状態で脱毛するから、夏場はチクチクの状態じゃ嫌でしょ」と聞いていたので、思い切って冬場に、サロンに行きました。
丁度、キャンペーン中で両脇が当時5000円でした。
綺麗なお姉さんに説明を受け、機械をあてセンサーで毛根から死滅させるものなんですが、永久的には5000円では無理のようで、何年か経ってポツポツと生えてきたら、またお願いするものみたいでした。
何だか永久に・・と思っていたので一寸??でしたが、何年かもつならば。と思いやってみました。結果は、全然痛みもないですし、本当にやってる?と言う感じでしたが、やってもらった後をみると確かに綺麗にツルツルになくなっていましたから、それだけでうれしかったです。後は何年このツルツル状態がもつか・・という事でしたが、それほど毛深くない私は、軽く6年はもちました。それからは、少しづつ年数も伸びて今では10年位サロンのお世話にならずにすんでいます。

もっと早くに脱毛しておけばよかった

脱毛サロンに行ってみたい、と長い間思っていましたが、サロンで執拗に勧誘されるとか料金体制の不安から、なかなか行けないでいました。
ところが、仲の良い友人が脱毛サロンに通い始めて、ものすごく良いと聞いたので私も行って見ることにしました。
友人は会社のそばの脱毛サロンに通っていましたが、そこは私の自宅からは遠かったので、別のサロンを探しました。
候補に上がったサロンが2つほどあったのですが、両方のサロンに行って無料体験を受けて見ることにしました。
両方共、エステティシャンの対応や設備など、不満はなかったのですが、総合的に考えて小さい方のサロンに通うことにしました。
私が受けたのは、ひざ下永久脱毛コースです。
1年や2年間限定のコースもありましたが、友人からの情報で2年では完全に脱毛することは出来ないとのことでしたので、ちょっと高めでしたが永久脱毛にしてみました。

実際に脱毛を受け始めて、3ヶ月くらいから徐々に毛が薄くなってポロリと落ちていくのを見ました。
もともとムダ毛はそれほど濃い方ではなかったのですが、夏場に生足でミニスカートやショートパンツを履く時、どうしても自分のムダ毛が気になっていました。
シェーバーで剃ると、生えたての頃がごま塩のようなビジュアルになってしまい、美しくありませんでした。
脱毛を始めて、ちょうど2年が過ぎた頃、もうほとんど毛がなくなって自己処理をしないで住むようになりました。
2年半後には、つるつるの肌になっていて、もうこれでムダ毛で悩まなくてもいいのだと感じ、心から嬉しかったのを覚えています。

こんなに快適なのだったら、もっと早くに脱毛サロンに通っていればよかった、とその後何度も思いました。
迷っている方がおられたらぜひ、サロンに行かれることをオススメします。

ビキニラインの脱毛をお願いしました

私は脱毛は自分でしています。腕には毛が生えていないので、脱毛の必要がなくて、ラッキーなのです。腕は生まれつき毛がなくて、毛深い友達からは羨ましがられますが、私は腕に毛が生えていることのほうが、不思議な感じがします。

ワキと足の無駄毛は自分で脱毛しています。あまり毛がこくないので、自分で脱毛することで十分なのです。
特にワキはもう脱毛の必要がないくらい、毛が生えて来なくなりました。
ノースリーブでもほとんど無駄毛は目立たなくなりました。やはり家庭用の脱毛器を使って、脱毛していたからだと思います。

だけど、一つだけ自分では脱毛ができない場所があります。
ビキニラインは自分ではどういうふうにすればいいのかがわからないので、脱毛エステで脱毛してもらうことにしました。

エピレでVIO5カ所脱毛プランで、脱毛してもらいました。
まだ、1回しか通っていませんが、行くまでは恥ずかしいと思っていましたが、まな板の鯉になって、脱毛を受けることになりました。

脱毛は紙のパンツを履いて受けるので、それほど恥ずかしいとは思わなくて済みました。痛みもそれほど感じず、1回の脱毛で、それまでなかなか履けなかったTバックの下着を着ることができました。

ビキニラインの脱毛は誰もが気になっているところだと思います。ビキニラインの上の部分と両サイドの部分、それにI ライン、Oゾーンの脱毛が全部できて、9000円なので、コスパもいいと思いました。恥ずかしがらずにもっと早く行けば良かったと思っています。

脱毛に関する知ってて得する知識

脱毛は1回の施術で完全に脱毛するわけではありません。最低でも12回程の脱毛が必要になります。
これは私達の毛の循環の問題です。体毛の生え変わりには最所に脱毛を行ってから約2~3週間で新しい体毛に生え変わります。つまり早く脱毛したいからといって最所の脱毛から1週間後に再度、脱毛をしても効果がないという事です。
なので脱毛を考えているのなら1年間程、時間がかかると思っておかなくてはなりません。それに人それぞれ、体毛の量が違いますから体毛が多い方はさらに時間がかかると思っておくと良いでしょう。

サロン選びも重要です。1回1000円や12回で1万円等、安いサロンは魅力的ですが落とし穴があったりします。安い全てのサロンがしている訳ではないので誤解をしないように注意して下さい。
これは私の知人の話になりますが、安く脱毛が出来る為にあるサロンに行ったそうです。そこのサロンは全体的にレーザーを当てて脱毛するのではなく、毛穴に針のようなものを刺して直接、焼いて脱毛する方法を取っていたそうです。これは時間もかかりますが、毛穴一つ一つに針のようなものを刺すので、かなりの痛みがあったそうです。普通の光レーザーは全体的にレーザーを当てて焼くので痛みはありません。
このように痛みを伴う施術を行っているサロンもあるので、事前に説明やインターネットで口コミを確認して施術を行う方がいいでしょう。

脱毛をより効率よく行えるようにする方法もあります。私が体験したサロンの方に教えた頂いたのですが、脇に汗をかいた時に消臭スプレー等を大量にかけたり、使いすぎていると毛穴にスプレー等の成分がつまり、レーザーの光が届かなく効果が半減したりするそうなので、脱毛を考えているのなら使いすぎに注意する事も必要でしょう。

高校生のムダ毛処理

高校生のムダ毛処理と言えば、もうほとんど大人と同じと考えてよいでしょう。
ただ明確に違う点としては、18歳未満の文字があることで、使用ができない施設やモノがまだありますが、18歳の高校生は大丈夫?なんて微妙な発言も飛び出します。
ここは親の判断ですが、ある程度のコスメ用品も使いこなし、特別肌が弱も弱くないのなら、子供用ではなく大人用のものをしても良いかもしれません。
エステなどに行くことは難しいですが、家庭用の脱毛器などに関しては、親の監視の元、敏感肌OKのものであれば、18歳に近い年であれば大丈夫でしょう。
また、そのほかのムダ毛処理にしても、友達がやっていた方法などの情報もとても早いですから、共有できるものも多くあるかもしれません。
ただし、その中で、これは肌に悪いというものに関しては、しっかりと確認をすることが必要かもしれません。
何が良くてと、言うよりは、安くて早いムダ毛処理などを勝手に行なってしまうこともあります。
それこそもういちいち親が判断できない範囲内での行動もある年頃です。
そんな時に、チョット注意をすることで、一方的に悪いのではなく、アドバイス的なことをいうことができる関係になっていて、ムダ毛処理は、肌に良いものを使い、子供扱いではなく、一人の女性として扱うことで、納得の行く良いムダ毛処理を覚えさせるということが必要かもしれません。
今時の高校生で、ムダ毛処理もしていないなんて?という時代になっているのも確かです。
私なんて、娘にムダ毛処理を教えてもらったわ、なんていうママもいるくらいですから。