電気脱毛(絶縁針脱毛)


脱毛はいろいろな種類がありますが、絶縁針脱毛といって、毛穴の1本1本に絶縁針を差し込み、毛根を破壊させる方法があります。
単に電気脱毛と言われるものですが、とても歴史のある方法の一つです。
これは、毛穴の1つ1つに行いますから、時間こそかかりますが、人間の手と目で確認をしますから、実は一番正確だと言われています。
しかし、痛いのが玉に瑕。
歴史はあるものの、研究開発に重ねることで、最近の電気脱毛は、痛くない方法も編み出しています。
これほど長い年月指示されるのは、やはり正確なのと、副作用がないからだと言われています。
最新式の脱毛方法はあらゆる機械を使って行い、一度で広範囲の脱毛ができますが、トラブルも多いと言われています。
じつはアレルギーを持っていますとか、その薬品は合いませんというような、新しいモノはなかなか受け入れられないからこそ、昔ながらの脱毛が良いという方もいらっしゃっるのです。
だからこそ、絶縁針脱毛は進化を続けていて、より安全で、痛くない方法が開発されていると言われています。
永久脱毛という言葉ができて、それほど月日は経っていないですから、絶縁針脱毛は永久脱毛の絶対ということはないですが、他の脱毛方法と比較をしても、発毛比率が低いデータもあるのは興味深いことです。
とても有名なエステでも、未だに電気脱毛一本での脱毛しか取り扱いをしていないと言うこともあり、古くて新しい電気脱毛、絶縁針脱毛は健在です。