医療機関で行われている医療針脱毛とは?


20140724-04-213x300

美容皮膚科や美容外科などの医療機関では、特殊な医療用の針を使用した医療針脱毛という
脱毛法を行っています。

現在、医療機関で主流となっている脱毛法は、レーザー脱毛ですが、この方法は色素の薄い無駄毛や白髪、
また日焼けしている肌の無駄毛は処理する事ができません。

レーザー脱毛で処理できない無駄毛は、医療針脱毛で綺麗に処理する事ができます。

医療針脱毛はニードル脱毛とも言われている脱毛法で、無駄毛が気になる毛穴に針を差し込み
電流を流す事で毛根を破壊し、無駄毛を脱毛します。

電流を流すといっても、肌に当たる部分はシリコンなどでコーティングされた、特殊な針を
使用する為、皮膚が火傷を負うなどの心配はありません。

医療針脱毛は、無駄毛を1本1本確実に処理する事ができるので、レーザー脱毛で脱毛しきれなかった
無駄毛も綺麗に脱毛する事ができるというメリットがあります。

レーザー脱毛はメラニン色素の多い、iラインやoラインの無駄毛を脱毛する場合、火傷を招く
恐れがある為、色素の濃い部分の脱毛ができない医療機関もあります。

医療針脱毛は、レーザー脱毛できないiラインやoラインといった、メラニン色素の多い部位も
問題なく施術を行う事ができますし、ホクロやアザがある部分にある無駄毛も脱毛できます。

ただ、医療針脱毛は無駄毛を1本ずつ処理していく方法から、完全に脱毛するまで時間がかかって
しまいます。
ですのでスピーディに処理できる、レーザー脱毛と組み合わせて行う事で、より効果的に脱毛する
事ができると言えます。