自分でもできるワックス脱毛


若い女性にとって、毛は美を損なうものという感覚があり、脱毛に対する意識が非常に強くなっています。脱毛の処理をしてもらえるところにはエステやクリニックなどがありますが、「費用が掛かるし、通うのが面倒」という人は自分で処理しています。自分で処理するにはカミソリや毛抜き、テープなどを使う方法がありますが、最近増えてきている方法がワックスを塗って脱毛するタイプです。脱毛ワックスはドラッグストアやネットショップから手軽に購入できます。

脱毛ワックスはミツロウやパラフィンなど、融点の低い固形油でできており、温めると柔らかくなって、温度が下がると粘着性が強くなる性質があります。 脱毛ワックスの使い方は、温めて柔らかくしたワックスを皮膚に塗り、冷めて固まった状態になったら一気にはがします。すると、ワックスの表面に毛根から抜き取られた毛が付いてきます。このワックス脱毛はエステでも行われています。

ワックス脱毛は一度に広範囲の毛を抜き去ることができますし、毛の処理と同時に古い角質まで一緒に取れるので、肌がきれいになります。ただし、ワックスを剥がす時に痛みが伴うということと、肌の弱い人は炎症を起こすという欠点があります。また、埋没毛と言って、毛が皮膚の上に出てこないまま、皮膚の下で成長してしまう症状を引き起こす危険性もあります。

なお、ワックス脱毛は表面に生えている毛を抜くだけなので、永久脱毛にならないため、しばらくすると、同じところからまた毛が生えてきます。