実際デリケートゾーンの脱毛ってどうなのでしょうか?


店員さんに見られて恥ずかしいのではないか、どんな体制で施術を受けるのか、そもそもデリケートゾーンってどこまでなのか…などなど、初めての人はわからないことだらけだと思います。そんな人たちのために経験しないと中々わからない不安な部分を解消していただくために、VIO(デリケートゾーン)の脱毛方法についてご説明していきます。

そもそもデリケートゾーンってどこ?

V、I、Oと呼ばれる3つの部分です。

Vラインというのはビキニラインです。実際にはワキや髪の毛と同じように太くてしっかりしている毛が多いです。脱毛においては太い毛のほうが効果が出やすいと言われていますが、極端にアンダーヘアが薄い人以外は、数回通う必要があります。

Iラインは女性器のまわりに生えている毛です。ここはカラダの中でもかなりデリケートな場所のため脱毛が痛い部位です。しかし最近は「痛みの少ない脱毛」をウリにしている脱毛サロンも多いので、不安な方などにはおすすめです。

Oラインはお尻の穴の周りの毛になります。水着やTバックなどを履いたときに気になる毛です。また、衛生的にもキレイにしておいきたい部位です。自己処理している人もいますが、実際にはとても見えにくいため、非常に危険です。また、万が一傷つけてしまった場合など、菌が入りやすいので注意が必要です。

 

どんな体制で施術をするの?

Vラインは仰向けになって寝ているだけの姿勢です。一番見やすい部分なので特に恥ずかしさもなく施術できるでしょう。Iラインは少し奥の部位のため、片足を立てて開く必要があります。Oラインに関してはうつ伏せになって施術します。