ムダ毛を美しく処理するための方法を紹介します!


0015肌を露出するような機会が多くなる時期にいつも焦るのがワキやアンダーラインなどのムダ毛の処理…。

わかってはいても常に自分で処理するのは本当に面倒です。部位によってはやりにくかったり、範囲が広すぎたりして本当にイヤになります。

それでもやらないわけにはいかないムダ毛処理。そしてやるからには正しいムダ毛処理で全身ツルツルの美肌にしたいものです。

そこで、ムダ毛処理に関する正しい知識を身につけることで、失敗してブツブツになったり色素沈着を起こしたりなどの後悔をしないようにしましょう。目指せ!いつでもツルツル美肌!!

家でできるムダ毛処理のメリット・デメリット

さて、いまの若い女性は自宅でムダ毛処理をしている人が多いでしょう。自宅でのムダ毛処理というのは安くあげられるという反面、多くのデメリットがあります。それぞれの方法ごとのメリット・デメリットを理解することで、失敗しないムダ毛ケアをできるようになりましょう。

カミソリやシェーバーで剃る

ムダ毛処理の代表的なやり方がこのカミソリやシェーバーで剃ることです。もっとも簡単な方法で、身体のほとんどの部位でできます。しかし、ふたたび毛が生えてくるのが早く、また、毛の根本の太い部分で水平に切られることで断面が太くなってしまい、毛が生えてきた時に濃くなったと感じることが多いです。そして太い状態で生えてくるので生え始めは毛先がチクチクします。

ワックスやテープ、毛抜きを使って抜く

毛の根元から抜くので次に生えてくるまでに時間がかかります。ワキなどの毛が太く範囲が狭い部分にピッタリです。しかし強引に抜くだけなので、かなりの痛みを伴います。肌へのダメージも大きいので毛穴が炎症を起こすことが多く、毛が途中で切れてしまった場合などはそのまま埋もれてしまい、その毛穴が炎症を起こして塞がって埋没毛となってしまうので注意が必要です。

除毛(減毛)クリームで溶かす

毛穴部分までを溶かすので、剃るのと違って毛先が太くなったりチクチクしたりすることがありません。しかし毛を溶かす成分が含まれているため、肌が弱い人や、皮膚の薄い部位では赤くかぶれてしまったり、ヒリヒリとした痛みを伴うことがあります。

 

キレイに脱毛するには部位に合わせて方法を選ぶ

自分でムダ毛を処理すれば安く上げられますが、その手間や、自己処理によるデメリットを考えると決してそれが一番とは言い切れません。とくに、最近は脱毛サロンの値段がとっても安くなってきており、安いところでは数百円で脱毛保証といったサロンも存在します。そんなに安いのに利用しないのは、逆に損ではないでしょうか。

できる所のムダ毛は自己処理で、あとはお財布と相談しながら少しずつ脱毛専門のサロンでやっていくのが一番かしこいムダ毛処理です。

脱毛したい部位別、おすすめ脱毛サロン

人によって気になる部分はいろいろです。脱毛部位の組み合わせによっておトクなサロンも変わってきますので、脱毛したい部位別の一番オススメなサロンを紹介します。

 


ワキ毛処理をお考えの方に

ワキ毛を処理したい人にピッタリのサイトです。【ワキ脱毛で後悔しない!一番キレイな処理方法】いろんな脱毛サロンのなかからワキ毛に一番適しているエステを紹介しています。値段や回数だけでなく、一緒にどこの部位を脱毛したら一番オトクにできるかなどを紹介しているので、ぜひ有効活用してください(・∀・)
そして脱毛して綺麗になったら今度は髪の毛もケアしてあげましょう!美容院前髪カット1050円でできるのでお金をかけずに雰囲気を変えたいという方に人気のメニューです。前髪をカットするだけでだいぶ印象が変わりますよ!

脱毛サロンで永久脱毛はできるのか?

永久脱毛といえば女性の憧れですよね。永久脱毛ができたら誰でもうれしいですし、
いつまでもツルツルですべすべ。さわっていたくなるようなお肌になれます。

永久脱毛のいいところは、ムダ毛処理をするというストレスから解放され、
ムダ毛処理にかける時間とお金をムダにすることがないというのもあります。
他にもお肌の保湿をしておけば、肌がどんどんキレイになっていきますし、
自分に自信がもてるので、色々なファッションを楽しむこともできます。

ただ、最近脱毛サロンで永久脱毛ができるというウワサを聞きます。
永久脱毛の定義としては「毛根を破壊」するということです。
毛根を破壊してしまえば、細胞は死にますから、半永久的に脱毛したということになります。

この毛根を破壊するということは、医療行為なので。クリニックなどのレーザー脱毛などでしか
できないのです。サロンでの脱毛は永久とまではいきませんが、自分のお手入れが楽になるということぐらいでしょうか。
永久脱毛 浜松でお探しですか?今の脱毛は痛くないのがほとんどです。